うつ状態のこと

03.精神障害のこと
この記事は約5分で読めます。

先日「躁転した」と書いたが、今日(おそらく)治まった。今は若干のうつ状態というか、少し気分がふさいだような感じになっている。

今日は、夕方から渋谷へ行く予定だったが、帰宅ラッシュの電車に乗ること、人混みに出ることを考えると、どうもムリっぽい気がして、予定をキャンセルしてしまった。

関係ない話だけど、以前から、渋谷という街が苦手である。人や声が多すぎて、頭が溺れるような感覚におちいってしまう。「人が多い」といえば、たとえば新宿や池袋、都内はだいたいそうなのだが、渋谷は密度が違う気がする。できるだけ行きたくない。

今回の躁転、個人的には、わりとわかりやすかった。ある日、急に眠れなくなったのと、頭のモヤがスッキリ晴れたように、思考がクリアになった。

それ以外、特になにもなかったから、幸いだったな。今回の躁状態では、大きな買い物や、派手な旅行をしていない。酒も、一切飲んでいない。過食・嘔吐も、一度だけだった。暴力暴言も、多分ない。非常に素行がよかった。

失言は、何度かした気がする。心当たりを思い出すと、胸が締まる。過去に躁転したときと比べて、失言の回数は多くないが、こういう軽率なところが直らない。

強いて言えば、外出回数は多かった。躁状態だったのは、1週間ほどだが、疲れて寝ていた1日以外は、多分毎日どこかへ出かけて、誰かと会っていた。しかも、だいたい突発的に。

人と会うこと・話すことは、悪いことではない。悪いことではないんだけど、躁状態の勢いに突き動かされて人に会ってしまうのは、よくない気がしている。最近は、人と話していると、無意識に疲れが溜まってしまうし。

今日の午前中は、市役所へ行って、税金やら、年金やらの支払相談をしていた。

退職してからずっと体調が悪く、税金や年金をほったらかしにしていたら、大変なことになっていた……とりあえず分割払いにしてもらって、九死に一生を得たが、税金・年金、負担がデカい。なくなってほしい。

昼過ぎ、「お金のことを考えていたせい」というわけではないだろうが、急にスッと頭が冷えてきて、そのうち胸がふさいできて、そして、以前にも覚えのある、イヤな感じになってきた。少し横になったら、そのまま眠ってしまい、目を覚ましたら、気力が著しく失われていた。

あいにく本日の夕方から、友人と遊ぶ予定が入っていた。「もう完全にムリだ~」という感じだったので、頑張って予定を断った。気分転換と、現況確認のために、ムリしてジムへ行ってみた。変調を感じたら、すぐケアできる環境なのは、幸せだと思う。

近所なら、なんとか外出はできる。身体がまったく動かないというわけではない。よかった。ジムで小一時間運動をしたが、気分はふさいだままだった。

今は、近所の喫茶店でこれを書いている。あいかわらず身体がだるく、ケツから根が生えたかのように、一切動きたくない。頭もボーッとして、今ひとつ考えがまとまらない。胸がふさぐ感じがして、少し息苦しい。「眠い」とは違う。とにかくベッドで横になりたいが、家へ帰る5分ほどの道のりすら、面倒くさい。

幸い、今回の症状は、それだけっぽい。人の声や物音に、過剰にイラつくということはない。精神的には落ち着いている。希死念慮もない。

特に「つらい」とか「悲しい」とかではない。涙も出ない。単にダルい。もしかしたら単なる風邪かもしれない、風邪だといいが、多分違う。うつ状態だろうな。

私は双極性障害なので、躁状態とうつ状態とを、コロコロと繰り返す。このサイクルには、個人差がある。数年単位で変わる人もいるらしい。渡しの場合は、「長め(数ヶ月~半年単位)のうつ状態」と「短め(数日~数週間)の躁状態」を繰り返している。繰り返すが、このサイクルには個人差がある。

これもまた私の場合はだが、躁状態からうつ状態へ変化すると、うつ状態がしばらく続くことが多い。「揺り戻し」なんて言うらしいが、言葉どおり、躁状態の反動が、うつ状態のときに襲ってくる感じで、今が多分これである。

躁状態になると、おおむね活動的になるわけだが、体力は有限であるから、満足に休養をとらず活動してばかりだと、当然疲労が溜まる。躁状態のときは、疲労なんて気にならないが、そこからうつ状態になると、疲労が爆発する。そんなイメージでとらえている。

双極性障害のうつ状態になったら、どうするか。うつ状態のケアをすればよい。まずは休む。躁状態で疲弊した身体を休める。しかし、休めない、休むことがむずかしい場合もある。また、ストレスの原因から離れること。現実問題、これもむずかしいが。あとは、抗うつ剤を飲むという方法もある。しかし、抗うつ剤を飲むと、また躁転してしまうケースも多いため、私はあまり好きではない。

まあ、気分の波はいずれ落ち着くし、どうせヒマなのだからと、鷹揚に構えてはいるが……今後、たとえば就職したりしたときのことを考えると、目の前が暗くなる。

今回は、マイルドな躁うつサイクルだったので、よかった。早めに躁転に気づけた。躁状態のときも、わりと自制的に過ごせた。それほど疲弊もしなかった。そのあとのうつも軽めっぽい。こうやって、冷静に記録できたこともよかった。

ただ、いつまたキツめの躁状態になるか、わからないんだよな~キツめの躁状態は本当にキツい。自分ひとりが被害をこうむる程度ならいいけど、多分人に迷惑をかけてしまう。今は、妻がいつもそばにいる、妻を傷つけてしまうようなことになったら、最悪だ。次「デカい躁状態が来たな」と思ったら、大人しく入院するなり隠遁するなりして、世間から離れたい。

しばらく頭が落ち着かなかったから、今のようにマイルドなうつ状態だと、かえって心地がいいように感じる。

そういえば、今日はまだ食事を摂っていなかった。なにをおいても、健康な生活というものは、適度な食事・運動・睡眠からである。とりあえず、今日は晩ごはんを食べて、早めにゆっくり寝る。そうして、頭と身体をフラットな状態に戻していこう。

タイトルとURLをコピーしました