人間関係のこと

02.メンタルヘルスのこと
この記事は約12分で読めます。

人と話をするのが好きだった。

大学生のころ、いわゆる「意識高い系」のサークルに入っていた。インカレ(大学横断)のサークルで、定期的に他大学の部員たちとの懇親会や、合宿が開かれていた。当然、知らない人・そう親しくない人とも、交流しなければならなくなる。参加は任意だったので、避けることもできた。

しかし、あえて積極的に参加した。理由は、大きくふたつ。

ひとつは、多大学との交流で作った人脈が、サークル活動の充実に関わってくること。詳細は省くが、他大学の部員とコネを作っておくことの便益が大きかった。まあ、これはどうでもいい。

ふたつ、こっちが大事。私は、高校を卒業するまではとても内向的だった。高校時代、友達らしい友達は、片手の指の数くらいしかいなかった。これはいけない、大学時代は挽回してやろうと思い、サークルの集まりには、積極的に参加していた。

意識高い系サークル、バカにされたり、冷笑の的になったりすることも多いが、所属していると、意外と居心地がいい。私が入ってたサークルは、ビジネスを軸に「人間的成長」みたいなのを目指すサークルだったんだけど、基本的にみんなポジティブで、フレンドリーだった。

あと、やはり「人間的成長」がテーマなわけだから、倫理観の水準は高かったように思う。イジメとかハブりとか、まったくないわけじゃなかったが、それほど起こらなかったし、身の危険を感じることもなかった。

そんなわけで、大学時代は対人関係、とりわけコミュニケーション能力を鍛える時期だった。この時期は、かなり気合が入っていた。たとえば、飲み会の前になると、参加するメンツについて事前にリサーチをして、参加者が食いつきそうな話題、場が盛り上がりそうな話題を用意したりしていた。少人数で集まるときなどは、事前に会話の台本めいたものを作っていた。今思えば、かなり気持ち悪い。

しかしながら、そういったキモい努力が功を奏したのか、サークルを引退するころには、相手が誰であれ、あがらず、よどまず、会話をすることができるようになっていた。本来の目的であった友人も数多くできて、非常に充実した学生生活を送ることができました。よかったね。

学生時代につちかった能力は、社会人になってからも活きた。

新卒の会社では、外回りの営業職についたが、顧客からは大変かわいがってもらった。正直、なにを考えてるかわからない初対面の相手と話すより、利害関係のある顧客と話すほうが、ラクだ。関係性が定まっているから、相手の考えを予測しやすいし、こちらの振る舞いも決めやすい。

社内営業も得意だった。社内でもかわいがられていたから、私がミスをしても、いつも誰かが自主的にカバーしてくれる。叱られることは多かったが、誰からも見放されることはなかった。毎晩上司や先輩に連れ回されるという弊害はあり、そこはヘタだったけど。

昔話と自慢ばかりしても仕方ないので、本題に。最近、人と話す、人と関係することが、苦痛に感じるときがある。

私は旅行が好きで、昔からよくひとりで、日本国内あちこちをブラブラしていた。一人旅をしていると、ときおり知らない人から声をかけられる、あるいは声を掛けることがある。たとえば飲食店で、宿で、移動中の電車やバスで。なにか困ったことが起きた、助けてほしいとき、道をたずねたいとき、または、単に寂しくなって。

何年か前までは、旅先で、見知らぬ人と話すことが頻繁にあった。旅先でたまたま出会った、初対面の人と、一緒に食事をしたり、一緒にお酒を飲んだり、一緒に街を見て歩いたりする。旅情あふれるいい光景だし、私もそれを楽しんでいた。

それが、ここ何年かは、知らない人と話すことが、大変な苦痛に感じるようになってきた。最近も、近所を散歩していたら、中年の男性に道をきかれたのだが、頑としてシカトしてしまった。先日入った飲み屋で、となりの席の男性客から話しかけられたときは、面と向かって「話しかけてくるな」と言ってしまった。なぜだかわからないが、知らない人と話すことが、つらくなってしまった。

大人数で集まったときなども、そうだ。大学時代は、とにかくたくさんの人と交流を図ろうとしていた。サークルの飲み会では、毎回「参加者全員と、1回以上話す」という目標を立てていた。社会人になってからも、上司・先輩には漏れなくお酌をするのが、自分のなかのルールだった。それが、最近では、もう自分の席から動きたくない。そばにいる人としか話したくない。というか、最近は、大人数の集まり自体がキツい。

私はずっと「私は人のことが好き」だと思っていた。誰にでもわけへだてなく、というわけにはいかないが、大体の人とは親しくなれる、親しく接することができると思っていた。「人と人とは仲良くすべきだ」みたいな価値観を持っていた。「友達は多いほうがいい」そして「誰とでも友達になれる」そんな信念があった。

以前は、誰に対しても、初対面の人に対しても「友人のポーズ」を取っていた。初対面で、相手のことをよく知らない、よく見ないうちから、フランクに接していた。「私はこういう人間です」と、あけっぴろげに自己開示して、距離をちぢめようと、相手を取り込もうとしていた。

ところが、最近は、他人をスッと受け入れられない。他人と親しくなるのに、ものすごく時間がかかるようになってしまった。多くの他人と親しくする必要性も、あまり感じなくなった。「仲良くなりたい人とだけ、仲良くすればいいじゃん」みたいな考えになってきた。

最近では、初対面の人に対して、ちゃんと「初対面のポーズ」を取るようになった。はじめはちゃんと「他人同士」からスタートして、時間をかけてコミュニケーションしている。会話のリズムを、話す内容を、身振り手振りを、私への態度を、相手の人間性を見極めてから、どう付き合っていこうかを考えている。

端的に言えば、面倒で、こむずかしい人間になってしまった。

「みんなが仲良くすべき」と「みんなが仲良くする必要はない」とで、どっちが正しくて、どっちが間違いということはないだろう。価値観による、時と場合にもよる、その日の気分にもよる。どっちでもいい、お好きなほうをどうぞ。私は今、どっちにするかで悩んでいる。昨日はあっち、今日はこっちみたいな感じで、ひどく落ち着かない。

そういうわけで、以前ほど軽率に人間関係を結ぶのが面倒で、怖くなっている。なにかきっかけがあったわけではない。気持ちが、そういうふうに変わってしまった。

これはおごりかもしれないんだけど、以前の私は、人と仲良くなるのが「上手かった」んだと思う。実際に会った人からは「気配りができる」とか「話の間が落ち着く」とか「話題を合わせてくれる」とか、おおむね高評価、星3つです。よかったね。

ただ、今まで私がやってきたことは、「人間関係ゲーム」だ。相手の顔色をうかがって、話題を合わせて、会話を広げて、呼吸を合わせて、仲良くなれれば勝ち、みたいなゲーム。一見コミュニケーションしているように見えるが、じつはコミュニケーションしていない。そこに誠意はない。

以前は、人のお悩み相談にのることがよくあったし、相談にのるのが好きだった。悩みを打ち明けられると、頼りにされている気がするし、相手との絆が強くなる気がする。お悩み相談をやりきるために、学生時代はコーチングの本を乱読したりもした。私のお悩み相談への評判は上々で、「気持ちが楽になった」「話してスッキリした」「助けられた」みたいなご感想が、多く寄せられております。よかったね。

でもコレも、結局ゲーム感覚なんだよな。相手を救う、ないし、救った気持ちになるゲーム。相手に寄り添うわけではない、ただ弁を弄して、相手の気持ちを操作して、相手が前向きになった、相手の気持が晴れたら勝ちの、人間関係ゲーム。これに関しては、一概に悪かったとは思わないけど、やはり誠意はない。

人の秘密を知るのも好きだった。私は口がそこまで固くない、言っちゃいけないことをポロッと言っちゃうこともよくある。ただ、人から相談をよく受けていると、人から秘密を打ち明けられることも、たくさんあった。そういう、人から打ち明けられた秘密だけは、自分のなかに固く秘すと決めていた。

なんでか。人から打ち明けられた秘密は、私にとって、私だけの宝物なんだ。人間関係というゲームのなかで、他人の心というダンジョンを攻略して、奥底に眠る秘密の宝箱を開ける楽しみ。人の秘密は、勇者にしか与えられないトロフィー。だから、他の人には渡さない、話さない。結局これも、人間関係ゲームだった。

今はもう、他人のお悩み相談には、気軽にのりたくない。相談にのるなら、相手と心中する覚悟でのりたい。相手に寄り添って、一緒に悩んでいたい。そうでないと、私は不誠実だと思う。

他人の秘密も、もうあまり知りたくない。人の秘密、トロフィー感覚で集めるものではない。秘密を知ったら、それを守る責任が出てくる。守るとしたら、墓の中まで持っていく。それくらいの覚悟を持って知らないと、これも不誠実だと思う。

最近は、相手のことを知るのが怖い。悩みや相談を持ちかけられるのが怖い。人に頼られるのが怖い。秘密を打ち明けられるのが怖い。

先日、妻が「人と話すってことは、その人の大事な時間をいただいているってことなんだよ」みたいなことを言っていた。PHP新書みたいなことを言うなと思ったが、たしかにそのとおりだと思う。

私は銭ゲバだから、すぐお金の話にしちゃうんだけど、たとえば平日の時給換算で2,000円/hの人と3時間飲みに行ったら、そこで6,000円の価値が発生しうるわけだ。その人の3時間をいただくってことは、その人の6,000円をいただいてるってことにひとしい。だから、少なくとも6,000円分の価値がある会話をクリエイトして、相手に提供しないといけない。

っていうのは、半分冗談なんだけど、「時間をいただく」っていう考えは、至極もっともだと思う。くだらない会話で相手を拘束するのは、相手に損害を与えているのとおなじだ。私が今までやってきた人間関係ゲームは、まさしくそれだったと思う。遊びの関係で、いただいた時間をムダ使いしている。

ほんの数年前までは、狂ったように人と会っていた。おもにSNSで、声をかけられれば、誰とでも会っていた。私から「会いませんか?」と声をかけることも多かった。当時は、地元から上京したばかりで、東京には知人・友人が誰もいなくて、「東京で新しく人間関係を築かなければならない」という必要性に迫られていた。あとは、単に寂しがりやで人好きな性格もあったので、SNS経由で100人以上の人と会った。そのときの人間関係のほとんどは、今でも続いているのでありがたい。

上京してから、妻を友人の集まりに誘って、連れていくこともあった。妻は、どちらかと言えば付き合う相手を選ぶタイプで、大人数の集まりとかは、あまり好きではない。付き合いをムリ強いしたことはない(と思う)が、「飲みに行くから一緒に行こうよ!」と言うと、よくイヤな顔をされたり、叱られたりした。

当時は、妻の気持ちがよく分からなかった。友達は、多いほうがいいじゃん! みんなで楽しくやろうよ! その程度の感覚しか持っていなかった。だから、私が誘った飲み会に行き渋る、飲み会の帰りに不機嫌になる妻の気持ちが理解できなかった。

妻は、人間関係に対して、非常に慎重な人間だ。初対面の人に対しては、おおむね構えて接する。妻は、狭く深く付き合うタイプで、その友人関係は非常に緊密である。仮に、私と妻がなにかでケンカしたとして、それが妻の過失によるものだとしても、妻の友人は100パーセント妻をかばうだろう。それくらい、妻の友人関係は、信頼に満ちているように見える。

対して、以前の私は、わりと誰とでも親しく接することができた。「友達100人」じゃないけど、たとえば上京してから出会った人100人以上の人々のことは、みんな友人だと思っている。反面、深い付き合いというか、価値観まで共有している友人というのは、少ない気がする。付き合いのある友達の、たとえば人生観や恋愛観などは、あまり知らないし、理解できていない。

今までは、妻と自分の人間関係を比べて、自分のほうが正解だと思っていた。誰とでも仲良くなろう、人間関係を外へ外へと広げていこう、そっちのほうが楽しい。そう思っていた。

今は、妻のほうが正しいと思う。妻は、私より若干年上だが、さすが長く生きているだけある。あと、以前は大変申し訳ないことをしていたと、深く反省している。

人に対しても、自分に対しても、きっと妻のような人間関係のほうが、きっと誠実で正しいのだろう。人と会うこと・人と話すことは、あくまで人間関係を築くための手段であって、それ自体が目的なわけではない。多くの人と会って、その場でいくら会話が弾んだとしても、それ自体には意味がないように感じられる。

たくさんの人と気さくに関わることは、べつに悪いことじゃないと思う。ただ、私みたくゲーム感覚で人と関係することと、本義的な「人間関係を築くこと」っていうのは、根本的に違ったんだなと、最近思う。人間関係は、ゲームじゃない。他人は攻略対象じゃないし、親密さはトロフィーじゃない。そんなことに、いまさらながら気づいた。

かつての私のように、とにかくたくさんの人と会って、会話を盛り上げて、相談にのって、秘密を集めて、ゲーム感覚で人間関係を築いていくのは、あまりよくなかった。会ったことのある人の数・人脈の広さはステータスじゃない。テクニック的に会話を盛り上げても、そこからはなにも生まれない。無責任に相談にのって、相手の心を惑わすのはよくない。他人の秘密はトロフィーじゃない。

もちろん、人間関係ゲームのなかから、本当の人間関係が生まれることも、よくあった。大学時代からの友人で、今でも親しくしている人は何人もいるし、上京してからも、たくさんの友人に恵まれた。ただ、彼らに対する私は、ずっと人間関係ゲームの「プレイヤー」で、彼らにはプレイヤーとしての側面しか見せていなかった。プレイヤーを降りた、素の私を見たら、彼らはどう思うだろうか。とても不安である。

フランクに親しくなる態度が悪いと言いたいわけじゃない。友人が多い人、いろんな人とつながりがある人には、今でも憧れる。ただ、今の私のキャパシティだと、この速度で人間関係を拡大構築していくのは、かなりつらいと感じている。人ギライが悪化していて、最近では、親しい友人と関わることまで、ストレスフルになってきた。

反面、まだ人と関わりたい、交流を広げ、深めたいと思っている自分もいる。べつに他人になにかを期待してるわけじゃないが、今までの私を救ってくれたのは、やはり人だと思う。人を大切にしたい。人と出会うことによって私もまた変わっていくと思う。

人を救うのは、人だ。私が人に救われたように、人も私に救われてほしいと思う。「人を救いたい」だなんておこがましいことは思わないけど、「人が勝手に救われる」その一助になれたらうれしい。なので、ムリのない範囲で、人間関係をやっていきたい。

一般論的な「いい人間関係」「悪い人間関係」というのは、ないんだろう。時と場合による。でも、私にとって「望ましい人間関係」と「望ましくない人間関係」というのは、あるかもしれない。それがどんなものかは今は見当もつかないが、少なくとも人間関係において、自縄自縛してストレスを感じているような現状はマズい。

妻しかり友人しかり、これからは、もっとひとりひとりの人と真摯に付き合っていきたいと思う。今までのような人間関係ゲーム、コミュニケーションで他人を攻略する遊びはやめて、もっと価値観や人生観の交流をしていきたい。私は、友人たちが普段なにを考えて、なにに重きを置いて、なにを大切にして生きているのかが知りたい。

最後に、今までに知り合いお付き合いを頂いている友人諸兄に対しては、大変失礼な物言いかもしれませんが、貴兄らのことは、心より大切な友人だと思っております。これからも、変わらずお付き合いくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました