肩まで伸びた髪の毛を切った

04.じんせいのこと
この記事は約4分で読めます。

一昨年から、ずっと髪の毛を伸ばしていた。

もともと、中性的というか、フェミニンなものが好きだった。だから髪型も、男性的な短髪ではなく、女性的な長髪にしたいと思って、髪の毛を伸ばしていた。

思えば、ずっと固めの会社にいて、ずっと外回りの営業職だった。社から指定される髪型はといえば、スポーツ刈りか、角刈りかの二択だった。本当は、もっと髪の毛で遊んだりしたかったのだが、選択の余地がなかった。

一昨年の秋に、勤めていた会社をやめてから、ここぞとばかりに髪の毛を伸ばしはじめた。髪の毛は順調に伸びていて、肩くらいの長さまで伸びた。しかし、伸びてくるにつれて、いくつか問題が出てきた。

ひとつ、すごくジャマ。本当にジャマ。ジャマな例をあげると、枚挙にいとまがない。たとえば、食事のとき。垂れ下がった髪が、料理にふれそうになる。たとえば、ヒゲを剃るとき。ヒゲを剃るつもりが、髪の毛を巻き込んでしまうことがある。たとえば、顔を洗うとき。顔だけ洗いたいのに、髪の毛まで水でベチャベチャになる。

髪を結べばすべて解決なのだが、伸ばしている途中なので、結べるほどの長さがない。いちばん中途半端で、いちばんつらい時期だった。

ふたつ、ケアが大変すぎる。髪が伸びてきたので、髪の毛を洗うのにも一苦労である。シャンプーをするのも、トリートメントをするのも大変だ。風呂上がりに、タオルで髪の毛をふくと、タオルがびしょ濡れになる。ドライヤーで髪を乾かそうにも、全然乾いてくれない。傷んだ毛先がからまっているせいか、クシが通らない。

「髪を伸ばすなら」ということで、妻に勧められてヘアオイルなども使ってみたし、人前に出るときはスタイリングもしていたが、正直面倒くさすぎて「こんなこと毎日毎日やってられるか!」という気持ちになっていた。そんな感じでヘアケアをサボっていたら、髪の毛がどんどんボロボロになってきた。

みっつ、見栄えが悪すぎる。ろくにヘアケアをしないまま髪を伸ばしていたら、落ち武者みたいな髪型になってきた。髪にはツヤがなく、髪質はバサバサで、すごくだらしないというか、不潔に見える。また、私は天然パーマで、毛先がはねて広がるクセがある。そのせいで、毛先はグチャグチャ、いっそう落ち武者感が増していた。

端的に言うと、「髪を伸ばしている人」ではなく、「髪を切っていない人」にしか見えない。持ち前の天パが、イイ感じに貧乏くささを引き立てている。オシャレのつもりで髪を伸ばしているのに、オシャレみは1ミリもない。むしろオシャレと逆の方向へ向かっている。

そういうわけで、もういっそ短髪にすることにした。美容室へ行き、美容師さんに「短くしてください」と頼む。行きつけの美容室で、美容師さんとはツーカーなので「なにかあったんですか?」と聞かれたが、特になにもない。

肩まであった長さの髪を、耳の上の長さまで切った。床に落ちた髪の量をみたら、床が真っ黒になるくらい髪の毛がとっちらかっていて、「こんなに伸びていたのか」とビックリした。

仕上がりは、マッシュっぽい髪型になった。私は今年35歳なので、「髪型だけ若すぎるかな……」とも思ったが、もとが童顔なので、あまり気にはならなかった。

短髪、とてもよかった。髪の毛が目や鼻や口に入ることはないし、頭を洗うのもラクチンだ。髪もすぐ乾くし、寝グセもつきにくい。

ただ、せっかく伸ばした髪の毛をバッサリいってしまったのには、やはり未練がある。サラサラロングはムリでも、パーマをかけたりはできたんだろうけど……一度切ってしまった髪の毛は、もとには戻らない。

サラサラロングに憧れて、一年くらい髪の毛を伸ばし続けてきた。人生ではじめての長髪で、そのあいだは不便と苦労の連続だった。それにずっと耐えてきたが、その努力もすべて水の泡だ。

いまだに、サラサラのロングヘアに憧れている。サラサラロング、維持するのに、なみなみならぬ努力を要するのだろう。美しい長髪の人を見ると、素直に感心するし、尊敬する。

ただ、やはりあの落ち武者みたいな髪型では、生活していけない。髪の毛を切ってから、妻に冗談半分で「社会性を取り戻した気がする」と言ったら、真顔で「そうだね」と答えられた。

よく言えば(よく言っても)、デカダンっぽい髪型だったんだけど、私はデカタンしたいわけではない。ちゃんとした社会生活が送りたい。

ウチの父は髪が薄くて、40歳くらいのころから薄毛対策に必死になっていた(リ○ップを使ったりとか)。私は、遺伝的に薄毛にはなりにくそうなんだけど、長髪にしたり、ヘアケアをサボったりしていると、髪にダメージが溜まって、薄毛になる可能性もある。

べつに、薄毛が悪いとは思わないし、薄毛になってもぜんぜんかまわないんだけど、髪の毛というオモチャがなくなるのは、少し寂しい。マジメな学生時代、マジメな社会人時代だったから、髪の毛で遊んだ経験もほとんどないし、チャンスがあったら染髪したり、パーマをかけたりもしてみたいし。なので、可能な限り、髪の毛は残したい。

短髪にしたら、ヘアケアもラクになったので、これからは髪の毛をちゃんといたわろうと思う。短いうちからしっかりケアして、再来年あたりには、またサラサラロングに挑戦してみたい。

タイトルとURLをコピーしました