うつ病と双極性障害(躁うつ病)

03.精神障害のこと
この記事は約6分で読めます。

私は、双極性障害(躁うつ病)という精神障害を持っている。双極性障害とは、気分がアッパーになる「躁状態」と、気分がダウナーになる「うつ状態」とを、周期的に繰り返す精神障害である。

私が精神科に通い始めたのは、約10年前。はじめて行った精神科では、「抑うつ状態」という診断を受けた。

それから、「サインバルタ」という抗うつ薬を飲んで、薬物療法を始めた。最初の数ヶ月は、あまり効き目を感じなかったが、半年ほど経ったころから、精神が上向き出した。

バイタリティと行動力があふれてきて、なんでもできるような気持ちになってきた。アイデアが止まらないし、アイデアをすぐ行動に移すことができた。「抑うつ状態から、完全に回復した」と思った。もう通院も服薬も必要ない。というわけで、通院と服薬をやめた。

それからしばらくして、同居していた両親から「病院へ行こう」と言われた。なんで? こんなに調子がいいのに、なんで病院へ行かなきゃいけないのか。私は抵抗したが、両親に引きずられて、精神科へ連れていかれた。

精神科では、お医者さんと、私と、母との3人で診察を受けた。母はお医者さんに向かって「浪費が止まらない」「飲酒量が多すぎる」「夜中まで起きていて、眠れない」「怒りやすくなった」「突飛な行動をする」と、私の悪口を言った。

私は怒った。そんなことはない、私は正常だ。抑うつ状態から回復して、また元気になっただけだ。おかしなところなんて、なにひとつない。そう抗弁した。

お医者さんは、私と母の話を、黙って聞いていた。ひとしきり話し終わったあとで、「双極性障害の可能性があるので、処方を変更しましょう」と言った。「必ず毎日服薬するように」とも言われた。

薬局へ行き、「リーマス(炭酸リチウム)」という薬をもらった。「もう薬なんか要らないのに……」と思ったが、お医者さんから「必ず毎日服薬するように」と言われていたので、仕方なく飲んで、寝た。

翌朝起きると、気持ちが劇的に落ち着いていた。昨日まであふれて止まらなかったバイタリティが、ピタッと止まってしまった。昨日までは「思い立ったらすぐ行動」だったのが、少し立ち止まって考えられるようになった。

衝撃的な体験だった。昨日までの自分は、いったいなんだったのか。冷静になって、昨日までの自分の姿を振り返る。昨日までの私は、母が言ったとおり衝動的で、場当たりで、突飛で、適当で、雑だった。

それから10年、リーマスを中心に、薬物療法を続けている。いまだに躁状態・うつ状態には悩まされているが、薬が効いているのと、病識(自分が双極性障害であるという自覚)を持てたのとで、あまりひどいことにはなっていない。

さて、私の場合、最初に出たのがうつ症状で、診断名も「抑うつ状態」だった。お医者さんからしたら、目の前の患者がガーックリ落ち込んでて「眠れません」「消えてしまいたい」「死にたい」とか言ってたら「抑うつ状態」の診断を下すしかないだろう。

そして、抗うつ薬を処方されるわけだが、コレがよくなかった。双極性障害の場合、抗うつ薬の投与がきっかけで、躁転(躁状態になること)がよくあるらしい。私も、ガッツリ躁状態でハイになってしまった。

躁状態でハイになると、どうなるか。私の場合はだけど、開放的・奔放になったり、衝動的になったり、浪費したり、過食・過量飲酒したり、無計画になったり、眠らなくなったり、怒りっぽくなったりする。

こういうハッキリとした躁病エピソードが出て、両親も私を持て余していた。そして精神科へ引きずられていき、ようやく双極性障害の診断が出た。

躁状態を自覚するのは、むずかしい。躁状態になると、感情の動き、喜怒哀楽がバーンと高まる。こうなると、もう自分の感情をモニタリングできる状態ではなくなっている。

躁病エピソード、今思い返せば、精神科へ行く以前からあった。給料日に給料をすべて使ってしまう。不要な借金を作る。お酒を飲みすぎて、人に迷惑をかける。過度に社交的になる。突発的に旅行を始める。などなど。

ただ、こういう躁病エピソードが、ギリギリ日常生活を破綻させるほどではなかったから、ぜんぶ見過ごしてしまっていた。当時は「自分は躁状態である」という自覚は、まったくなかった。

うつ状態が治療の入り口になって、はじめは「抑うつ状態」の治療を受けていたわけだが、はじめて精神科へかかった時点で「抑うつ状態」なのか「双極性障害」なのかを判別することは、ほぼ不可能だっただろう。なんせ、躁状態の自覚がないのだから。

最近読んだ本にも、「双極性障害の診断を下すのには、長い時間がかかる」と書いてあった。双極性障害は、躁状態とうつ状態、混合状態(躁状態とうつ状態とが混ざった状態)、寛解期(症状が出ていない状態)を、周期的に繰り返す。なので、治療の経過、治療歴を見ないと、双極性障害の診断は下せないらしい。

私の場合、明確な躁病エピソードが出たことで、わりと早めに双極性障害の診断が下りた。両親に当時の話を聞いたら、「毎日が嵐のようだった」と言っていたから、よっぽどひどかったんだろう。ちなみに、私のように他人に明らかな迷惑をかける程度の躁状態があるものを、双極性障害Ⅰ型と言う。

ただ、明確な躁病エピソードが出ない双極性障害もある。「軽躁状態」といって、「本人もまわりもそれほどには困らない程度の」躁状態と、うつ状態を繰り返す双極性障害もある。これを、双極性障害Ⅱ型と言う。

双極性障害Ⅱ型の場合、躁状態にはますます気づきにくくなる。躁状態になったとして、本人からしても、まわりからしても「いつもより元気」くらいの感覚だろうから、「症状」としては認識されにくい。

ただ、Ⅰ型でもⅡ型でも、うつ状態には大差がない。不眠、倦怠感、注意散漫、希死念慮……これらの症状は、Ⅰ型でもⅡ型でも、変わりなく起こる。

Ⅰ型の場合、うつ病との判別がしやすいから、まあいい。よくはないが。Ⅱ型の場合、うつ病との判別が、かなりむずかしいように思われる。

うつ病と双極性障害とでは、治療の方法がけっこう違う。うつ病であれば、おもに抗うつ薬の服薬で治療できる。寛解すれば、再発のリスクも比較的低い。

双極性障害の場合、抗うつ薬はあまり用いられず、気分安定薬による治療がメジャーである。双極性障害は、基本的に治らない。寛解期(症状が出ていない状態)はあるけど、再発するリスクは、わりと高い。

私は医者ではないので、なんとも言えないんだけど、「うつ病が治らない」「何年も抗うつ薬を飲み続けているが、よくならない」という方は、双極性障害Ⅱ型を疑ってみてもいいかもしれない。双極性障害にも、抗うつ薬が有効な場合はある。ただ、躁転のリスクがあるし、なにより根本的には効かない。

精神の病気や障害、似たような症状が出るので「この病気です!」と断定するのはむずかしいのだろう。実際、私もうつから躁うつへ、診断が変わったし。

うつ病と、双極性障害のうつ状態も、非常によく似ている。双極性障害の人のなかには、躁病エピソードがまったくない、うつ状態しかあらわれない人もいるらしく、それはどう治療すればいいのか……という感じだけど。

ただ、うつ病であれ双極性障害であれ、適切な治療を施していれば、きっとよくなる。もし今うつ病の治療が上手くいっていないようなら、双極性障害Ⅱ型の治療を試してみるのも、アリかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました