たのしいたのしいブログ入門

07.趣味のこと
この記事は約9分で読めます。

5月の終わりごろ、衝動的にamanatsu.loveというドメインをとりました。理由はひとつ、なんとなくほしかったからです。お名前.comでとりました。ドメインだけとってもしょうがないので、ついでにお名前.comでサーバをを借りて、ブログを始めることにしました。こうして、二代目「悲しき温帯」が誕生しました。初代「悲しき温帯」は爆破しました。

なんとなくブログを始めてから、もう2ヶ月経ちます。いまはブログが楽しくて仕方がないです。ブログは楽しいので、みんなにも始めてほしい、人類全員ブログをやればいいとすら思っています。とはいえ、「ブログの始め方がわからない!」という人も多いのではないかとも思います(私もよくわからないまま始めましたし)。なので、きょうは「ブログの作り方」「ブログの楽しみ方」に焦点をしぼって書きます。

「アクセス数を伸ばすには?」「ブログを収益化するには?」「ブログの検索順位を上げるには?」みたいなことは、他のブログに山ほど書いてあるので、ヨソを当たってください。この記事で伝えたいことは、「ブログの作り方」「ブログの楽しみ方」この2点だけです。

ブログの作り方

ブログの作り方ですが、ザックリ言えば「有料」「無料」のふたつにわけられます。それぞれメリット・デメリットがあるので、カンタンに解説します。

1.無料のサービスを使う

いちばんカンタンでオススメできる方法です。アメーバブログLivedoorブログFC2ブログはてなブログnoteとかWordPress.combloggerとかもいいですね。登録するだけでブログが作れます。どこへ行っても、やることはほぼおなじなので、さっさとブログを作りましょう。

↑のサービス、無料なのでいろいろと制約がありますが、ブログを書くだけなら機能的に十分です。また、はてなやnoteなどは、月額費用を払うと、独自ドメインでの運用ができたり、カスタマイズ性が上がったりします。

無料ブログのメリット、無料であること。コレに尽きます。他にはないです。

無料ブログのデメリット。無料なので、できることは限られてきます。記事を書くだけなら問題ないのですが、たとえばレイアウトをイジりたい、デザインを変えたいと思ったときに制約がかかってくるので、歯がゆい思いをすることがあるかもしれません。

また、無料ブログにはたいていプロバイダ(ブログサービスの提供者)の広告が入ってきます。広告、ウザいですよね~私も以前はLivedoorブログで書いていましたが、自分のブログに成人向けマンガの広告が出てくるのが、イヤでイヤで仕方がありませんでした。

しかし、無料のブログサービスというのは、こうした広告の収益によって支えられています。無料ブログを使っている以上、プロバイダからの広告は消せません。これが大きなデメリットです。

2.ドメインをとって、サーバーを借りる(有料)

私がいまやっているブログ「悲しき温帯」が、コレです。ドメインamanatsu.loveを取得、サーバを借りて、そこにWordpressというCMS(コンテンツ・マネジメント・システム、ブログやECサイトなどを作るためのシステム)を入れて運用しています。

こう書くとちょっとむずかしそうに見えるかもしれませんが、実際にやってみると、とてもカンタンです。私が使っているのはお名前.comなんですが、ドメインを取るついでにサーバが借りられる、おまけにWordPressがデフォルトでついてくるので、わりとオススメです。バカな私でも、問題なくWordPressブログを開設することができました。

ドメインとサーバを、別々の会社で用意することもできます。この場合、多少余計な設定が必要になってきますが……いまは各社どこも親切丁寧なマニュアルを公開しているので、設定は問題なくできると思います。

費用についてですが、サーバ代がざっくり500~1,000円/月です。喫茶店へ行ってコーヒーを飲んだ、ランチで外食したと思えば、たいした金額ではありません。ドメイン代は0円~/月。お名前.comとかのレジストラ(ドメイン業者)では、よく「ドメイン無料キャンペーン」をやっていますので、ドメイン代はタダで済ますことも可能です。

私の場合、サーバ代が900円/月、ドメイン代(月割)が約300円/月、合計1,200円/月くらいのコストで、ブログを運用しています。何度も言いますが、ランチ一食分くらいの値段で運用できます。

有料サービスのメリットは、あとで「楽しみ方」として書きます。

有料サービスのデメリット、まずひとつは「お金がかかること」です。「ブログの運用コストはランチ一食分」と書きましたけど、「それならランチに行きたいわ」という人もいますよね。ランニングコストがかかる、これが有料サービスの最大のデメリットです。

ふたつめ、設定がすこし面倒くさいことです。ドメインをとる→サーバを借りる→WordPressのセットアップ→WordPressのカスタマイズと、ブログがブログとして完成するまでには、いくつかのステップがあります。なので、面倒くさがりの人にはオススメしません。しかし、面倒くさがりな私でもできたんだから、誰でもできるんじゃないかとも思います。

ブログの楽しみ方

1.ブログをカスタマイズするのが楽しい

WordPressは、PHPで作られています。Wordpressブログのデザインは、HTMLあるいはCSSによって作られています。なので、PHPやHTMLやCSSのことを理解していれば、複雑なカスタマイズをすることが可能です。

しかし、残念ながら私は、PHPのこともHTMLのこともCSSのことも、まったく詳しくありません。コードを見ても、なにがなんやらまったく理解できません。それでも、ブログをカスタマイズすることはできます。

WordPressには「テーマ」という機能があります。このテーマ機能を使えば、ブログのデザインをカンタンにカスタマイズすることができます。そのほかにも、「プラグイン」という機能がついており、ブラウザ上でクリックするだけでブログの機能を拡張することができます。

WordPressのテーマ、ほとんどが無料です(有料のものもあります)。私が「悲しき温帯」で使っているテーマは「Cocoon」というテーマですが、非常に機能が多いくせに、無料です。

プラグインも、ほとんどが無料です(有料のものもあります)。私がいま使っているプラグインは、Wordpress公式の「Jetpack」と、Googleの「Sitekit」のふたつ。このふたつで、サイトの統計情報収集やSEO対策、広告の表示や検索パフォーマンスの改善など、大抵のことはできます。プラグインをたくさん入れると、サイトが重くなりますので注意。

ブログのテーマやプラグインでブログをカスタマイズしていくの、とても楽しいです。車やインテリア、DIYやLEGOブロックとかに似ていて、自分が手を加えたら加えただけ、ブログのレイアウトや機能が変化していきます。どういうレイアウトや機能が最適なのかを試行錯誤していく楽しみがあります。

2.統計情報を追うのが楽しい

WordPress公式のプラグイン「Jetpack」や、Googleのプラグイン「Sitekit」を導入すると、ブログに関するさまざまなデータを見ることができるようになります。ブログにアクセスした人の数、ブログが閲覧された回数、どれくらいの時間閲覧されたか、どこからブログにアクセスされているか……などなど。

アクセス数については、脳に悪そうなので、あまり気にしないようにしています。とはいえ、インターネットに記事を公開したら「どれだけ読まれているか」は気になりますよね。私は気になりますので、ついつい見てしまいます。

私のブログ、具体的なアクセス数は恥ずかしいので書きません。とてもすくないです。アクセス元としては、Social(おもにTwitter)が約60%、Direct(ブックマークとかかな?)が約30%、検索エンジンからが約6%、他のサイトからの流入が4%となっています。こういう情報が、カンタンにまとめられて出てきます。

以前の記事にも書きましたが、私は元営業マンなので、数字が大好きです。きょうはどれくらいのアクセスがあったのか、どこから多くアクセスされているか、どの記事がよく読まれているか、どうすればアクセスを伸ばせるか……数字をながめながら、どうすればもっとブログが読まれるか、改善案を考えています。データを分析すること、そこから仮説を設定して、サイトのレイアウトやコンテンツを改善していくか。そういうことを考えるのが楽しいです。

検索エンジン対策(SEO)も楽しいです。Googleの「Sitekit」を使えば、読者がどういうキーワードで検索をして、どの記事にたどり着いたのかがカンタンにわかります。SEOのことは詳しく知らないんですが、どういう記事を書くと検索にひっかかりやすくなるかを考えるのは(実際に検索エンジンに合わせて記事を書くかは別としても)楽しいです。

3.記事を書くのが楽しい

「なんのためにブログを書いているのか?」と聞かれると、99%は自分のためです。自分の過去の棚卸し、自分のなかにわだかまっているものを吐き出すつもりで書いています。言葉を使った、心のリハビリです。

のこり1%くらいは、だれかのためです。記事を読んでくれた人で、私とおなじような境遇にある人、いま悩んでいる人、苦しんでいる人、つらい人。私には、そういう人を救うことはできません。手を差し伸べることもできません。ただ、そういう人たちに向かって「私もおなじようにつらい」「あなたはひとりじゃない」ということを伝えたい、そういう気持ちで書いています。

読んでくれた人に寄り添うような記事が書けるといい。このブログは、そのための「書く練習場」です。自分の文章力が上がっているのか下がっているのか、ぜんぜんわかりませんが、とにかくたくさん書いて、すこしでも人に寄り添える文章が書けるようになりたい。いちおうそういう向上心(?)を持ってやっているので、ブログを書くこと自体が、私にとっての楽しみです。

ブログをはじめる前、noteで記事を書いていたときから感じていたことですが、どんな記事でも、どんな感情でも、共感してくれる人・必要としてくれる人は必ずいます。たとえ読者がすくなくても、私の記事を読んでくれる人たちがいるかぎり、ブログを書き続けていたいと思っています。

「楽しい」というと語弊があるかもしれませんが、まずは自分のためにブログを書いています。そして、読んでくれる人がひとりでもいるなら、その人のために「書きたい」と思っています。

長々と書きましたが、要するに「ブログは楽しい!」ということです。たとえ読者がすくなくても、自分の記憶や体験、感情や思いを書き出すことには、絶対に意味があります。読者がいるなら、それはあなたの文章が必要とされているということです。読者は多くてもいいし、すくなくてもいいんです。

そして、ブログを通して、その人の人生や価値観を知れることは、とてもステキなことだと思います。私は、いろんな人の人生や価値観を知りたい。なのでみなさん、ブログを始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました